1. ホーム
  2. 症状別事例
  3. ぎっくり腰
  4. ぎっくり腰

Case Study 症状別事例

2023.09.22

ぎっくり腰

ぎっくり腰

執筆中尾 優作(理学療法士/プロスポーツトレーナー)

ヨーロッパの大学、大学院で理学療法を学ぶ。欧州サッカー、日本のB.LEAGUEでトレーナーとして活動したのち、地元神戸三宮にメディカルフィットネスジム【Lifelong】を設立。専門は"病院で治らなかった身体の痛み"のリハビリ。

ぎっくりは腰に重だるい痛みを感じたり、足にしびれが出る腰痛の一種です。

腰痛があまりにも強い痛みのため、その場で動けなくなってしまう人も多いです。

ぎっくり腰の原因はわかっていませんが、腰の筋肉や靭帯の損傷と考えられています。

このページでは神戸三宮で活動する理学療法士が、このようなお悩みを解決するための情報をまとめています。

記事の内容
  1. ぎっくり腰に関する最新情報を知りたい
  2. ぎっくり腰の治し方を知りたい

ひと昔前は、ぎっくり腰になったら痛みが引くまで安静にしているように言われていました。

しかし、現代の医学では痛みのない範囲で腰を動かしたほうが早く治ると言われています。

1日でも早く腰の痛みを改善してもとの日常生活に戻るためにも、できる限り早く治療とリハビリを始めることが重要です。

正しい知識と方法で、ぎっくり腰を完治させましょう。

この記事を読み終えるとぎっくり腰への理解が深まり、治すためには何が大切か?ということがわかるようになります。

ぜひ正しい知識を身に付けて、1日でも早い痛みの改善に役立ててください。

ぎっくり腰に限らず、腰痛全般に関する情報はこちらにまとめてあります。

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰で腰が痛い女性

ぎっくり腰とは急に腰が痛くなる通称で、正式な病名ではありません。

英語ではAcute Low Back painと呼ばれる急性腰痛のことを言います。

腰が急に痛くなる

ぎっくり腰の特徴は、突然腰を襲う激痛です。

なんの前触れもなく急に強い痛みを感じるため、多くの人がその場から動けなくなってしまいます。

急性腰痛

急性腰痛とはその名の通り、急に痛くなる腰痛です。

日常生活の中で少しずつ痛くなる慢性腰痛と違い、前兆なしに痛みが発生します。

繰り返しやすい

一度ぎっくり腰になると、再発の可能性は非常に高いです。

この理由は明らかになっていませんが、腰の筋力や普段の動作に原因があるのでは?と考えられています。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因になる動き方

ぎっくり腰は頻繁におこる怪我ですが、その原因は解明されていません。

よく原因として考えられているのは、腰の筋肉や靭帯の損傷です。

筋肉の損傷

背骨の中でも腰の部分を腰椎と言いますが、腰椎には小さな筋肉が多く付着しています。

腰に負担のかかる姿勢によってこれらの筋肉が損傷することで、ぎっくり腰になることがあります。

靭帯の損傷

腰椎には筋肉だけでなく、靭帯もついています。

腰椎同士や椎間板に靭帯が付着することで、腰がしっかり安定するようになっています。

しかし、腰への負荷が高くなると靭帯が傷んでしまうことがあり、この痛みがぎっくり腰の原因とも言われています。

ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰の症状で苦しむ高齢男性

ぎっくり腰で最も特徴的な症状は激しい痛みですが、他にもいくつかの症状があります。

腰痛

ぎっくり腰になると激しい痛みを腰に感じます。

特に受傷直後は動くこともできず、その場にうずくまってしまうほどの激痛を感じる人も多いです。

痛みが出る場所は人によって様々で、腰の中央が痛くなる人もいれば、左右どちらかに痛みを感じる人もいます。

お尻と足の痛み

ぎっくり腰をすると腰だけでなく、お尻や足にまで痛みを感じることがあります。

これは放散痛と呼ばれる種類の痛みで、痛めた腰が原因で少し離れた場所にも痛みが現れるという現象です。

実際に痛みのあるお尻や足には何も問題がないことがほとんどです。

腰のこわばり

ぎっくり腰になって激痛を感じた直後から、腰がこわばって動かすことができなくなります。

これは強い痛みのせいで腰を動かすことができないこともありますが、「腰を動かすのが怖い」という理由もあります。

感覚としてはムチウチのような状態で、痛みと硬さで筋肉が動かせない状態になります。

ぎっくり腰の診断

ぎっくり腰の診断を行う医師と患者

ぎっくり腰を診断するのは非常に難しいです。

なぜならぎっくり腰は原因が解明されていないので、”こうなればぎっくり腰”という定義がないからです。

問診

ぎっくり腰を診断する際に最も重要視されるのは問診です。

腰を痛めたときの状況を聞き、「前かがみになったとき」や「重い荷物を持ったとき」という腰への急激な負荷によって腰痛が起こったと判断されたらぎっくり腰と診断されます。

逆に、腰が少しずつ痛くなったり、転倒して腰を打ったような場合はぎっくり腰ではないと考えられます。

画像診断は行われない

他の腰痛を調べるときにはレントゲンやMRI検査がよく使われますが、ぎっくり腰の診断ではほとんど使われません。

これも理由は同じで、骨や筋肉に異常が見つかったとしても、それがぎっくり腰を裏付ける原因にはならないからです。

もし画像検査が使われるような場合は、腰痛の原因が椎間板ヘルニア分離症ではないことを確認し、ぎっくり腰と確定させるときに使用されることもあります。

ぎっくり腰の治療

ぎっくり腰を治療するために腹筋を鍛える女性

ぎっくり腰になったとき、昔は安静にするのが良いと考えられていましたが、今は痛みのない範囲で動かした方がいいとされています。

無理のない範囲で動くことで腰のこわばりが早く治り、痛みも早く改善すると考えられています。

また、ぎっくり腰はほとんどの場合1週間以内に完治し、悪化することはほとんどないので日常生活を制限する必要もありません。

理学療法

ぎっくり腰の治療とリハビリには理学療法が有効と考えられています。

腰に痛みが出ないように腰の筋肉を動かすことで、早期改善が期待できます。

腰まわりの筋トレ

腰の筋肉を動かすことで、こわばっている筋肉をほぐすことができます。

筋トレといっても重い負荷をかけて行うトレーニングではなく、簡単な腹筋や自分の体重で行う軽い筋トレが効果的です。

特に腹横筋という筋肉を鍛えると背骨の安定性が上がるので、ぎっくり腰の症状改善に役立ちます。

腰のストレッチ

ぎっくり腰の激しい痛みのせいで、腰の筋肉は硬くなってしまいます。

筋肉が固まったままだと痛みやこわばりが軽減しないので、適度にストレッチをして筋肉を伸び縮みさせてあげましょう。

腰の筋トレと同じように痛みを感じるまでストレッチする必要ななく、筋肉が痛みなく気持ちよく伸びるように心がけましょう。

特にぎっくり腰のときにストレッチすべき筋肉は、脊柱起立筋、広背筋、そして腰方形筋です。

腰痛に効果的なストレッチをお探しの人はこちらの記事をご覧ください。
>> 腰痛解消に効果的!自宅で簡単ストレッチ14選!

軽度な運動

ウォーキングやジョギングなどの軽度な運動はぎっくり腰の改善に繋がります。

腰に負担のかからない範囲で身体を動かすことで体内の血流が上がり、こわばっている筋肉がほぐれやすくなります。

また、血流が上がることで痛みのある部位に酸素や栄養素が送られやすくなり、傷ついた組織の修復も促進されます。

運動をするときは、痛みが出ないように行うことがポイントです。

安静

ぎっくり腰があまりに重症で、腰が痛くて何もできないという場合は少し安静にしましょう。

痛みが落ち着いてから、腰を少しずつ動かすことで改善に向かうことができます。

ただ、安静にしているよりは身体を動かした方が治りが早いので、動ける範囲で腰を動かすことを心がけましょう。

アイシング・温める

ぎっくり腰に対してアイシングで冷やしたり、ホットパックで温めることによる効果は解明されていません。

冷やしたり温めているときは気持ちよく感じて痛みが減っているような気がしますが、一時的な効果である可能性が高いです。

湿布・痛み止め

湿布や痛み止めは一時的に痛みを和らげてくれますが、使用することをおすすめしません。

湿布や痛み止めは炎症を減らす効果がありますが、炎症は損傷した組織を治すために必要な過程です。

無理に炎症を抑えることで怪我の治りが悪くなる恐れがありますので、十分注意してください。

ぎっくり腰の予防

ぎっくり腰を予防するためにジョギングを始めたカップル

ぎっくり腰は再発リスクの非常に高い腰痛です。

痛みがなくなったあとも予防をしなければ、高い確率で再びぎっくり腰になってしまうでしょう。

動き方の改善

日常生活では”ぎっくり腰になりやすい動き”というものが存在します。

例えば洗顔で前屈みになる、地面にある重いものを持ち上げるといった動きです。

これらの動作を行うときに、腹筋に力が入った”腹圧が高い”という状態で動くことで、腰への負担はかなり軽減されます。

腰への負担がかかりにくい動き方を身に付けることで、ぎっくり腰を予防することができます。

運動習慣をつける

日常的に運動をすることは、ぎっくり腰の予防において大切です。

運動習慣のある人とない人では、筋肉の働き方が大きく違います。

普段から運動している人の筋肉は筋力も高く、効率的に働くことができます。

万が一腰に負担のかかる動作をするときも、筋肉が上手に働く人は腰への負荷を感じずに動くことができます。

腹筋を鍛える

腰痛には腹筋を鍛えるのが良いとよく聞きますが、鍛えるべき腹筋は腹横筋という筋肉です。

腹横筋は腹筋の中で最も深い場所にある筋肉で、背骨を支える役割があります。

この筋肉をトレーニングすることで腹圧が上昇し、ぎっくり腰になりにくい身体になります。

肥満を改善する

肥満は腰痛の大敵というのはご存知でしょうか?

体重が増えるとお腹に脂肪がつきますが、お腹が重たくなると骨盤が前に傾いてしまいます。

骨盤が傾き正常な位置にないときは、お腹に力が入りにくくなり、腹筋がうまく機能しなくなってしまいます。

このままでは腰に負担がかかるとぎっくり腰になりやすい状態なので、肥満を解消するとこがぎっくり腰をはじめとした腰痛の予防にも繋がります。

ぎっくり腰まとめ

ぎっくり腰とは、突然腰に激痛を感じる急性腰痛です。

ぎっくり腰の症状
  • 腰痛
  • お尻やもも裏の痛み
  • 腰のこわばり
ぎっくり腰の原因
  • 正確な原因は不明
  • 筋肉の損傷
  • 靭帯の損傷
ぎっくり腰の治療
  • 理学療法
  • 筋トレ
  • ストレッチ
  • 安静
ぎっくり腰の予防
  • 習慣的な運動
  • 肥満の解消
  • 腹筋の筋トレ
  • 動き方の習得

神戸三宮でぎっくり腰の治療をお探しなら

神戸市中央区や三宮周辺でぎっくり腰の治療をお探しなら、Lifelongにご相談ください。

各三宮駅から徒歩5分というアクセスの良い場所で、海外の理学療法を用いた最新治療を受けていただけます。

”1ヶ月以上同じ病院や治療院に通っても良くならない”

”料金が少し高くても、プロの正しい治療を受けたい”

”痛みを一時的に軽減するのではなく、根本治療を目指したい”

Lifelongにはこのような理由で来店されるお客様が多いです。

ぎっくり腰の治療を行なっている他の病院や治療院と比較して、当店にしかない長所をご紹介します。

実績あるトレーナー

Lifelongにはヨーロッパで理学療法を学び、国内外のプロスポーツや東京オリンピックで活躍したトレーナーや、有名スポーツ整形外科でリハビリを学んだ実績のあるトレーナーが所属しています。

海外で学んだ理学療法士や、手術後リハビリが得意な理学療法士など、ご自身の希望するトレーナーを指名してリハビリ指導を受けることができるのが当店の特徴です。

神戸の数ある治療院を探しても、自分が希望する理学療法士から直接運動指導を受けられるのは当店だけです。

トレーナー紹介

根本治療が前提の治療方針

治療で痛みを改善するのは当然ですが、痛みの根本的な原因を治療することが大切です。身体の痛みは、どこか別の部位が原因で発生することがほとんどです。

例えばぎっくり腰の場合は、腰へ負担のかかる動き方によって腰を痛めることが多いです。痛みを治療しても、腰に負担のかかる動き方自体を修正しないことには怪我が再発してしまいます。

Lifelongの治療方針は痛みの改善だけでなく、怪我の原因を根本から改善することです。痛みが出るたびに治療を受けるのではなく、痛くなる原因を完治させて痛みが再発しない身体を目指しましょう。

最先端治療

最先端医療を使った治療

Lifelongでは欧米で使用されている最先端治療を行なっています。海外の医学論文によって効果が実証された治療を行うことで、正しく効果的に怪我を治すことができます。

自分の身体に合ったリハビリ

自分の身体に合ったリハビリを行う患者

Lifelongでは”この怪我にはこのリハビリ”というように決まったメニューは行いません。ひとりひとりの身体をしっかり確認し、身体と症状に合わせたリハビリをオーダーメイドで作成します。

再発予防までサポート

再発予防の運動指導を受ける患者

痛みを取るだけでなく、再発予防までしっかりお手伝いします。自宅で手軽に行える予防エクササイズをお教えしますので、リハビリを継続することで痛みの再発を防ぎます。

三宮駅から徒歩3分

JR三ノ宮駅から徒歩3分、他の路線からも徒歩5分以内というアクセスの良さから、遠方からも多くのお客様にご来店いただいています。仕事帰り、買い物ついで、部活終わりなど、ご自身のライフスタイルに合わせてご利用いただけます。

お客様の腰痛改善例

神戸市中央区 30代女性

腰痛が治って元気になった女性

腰痛治療を受けた患者の口コミ

神戸市中央区 20代女性

腰の痛みから解放された女性

腰痛のリハビリを受けた感想

神戸市中央区 50代女性

10年続いた腰痛が改善した患者

腰痛に悩む女性が運動療法を受けたレビュー

※ 治療効果には個人差があります。

Lifelongのサービス

慢性的に繰り返すぎっくり腰に悩まれている方には、身体の根本から原因を改善する運動療法がおすすめです。

まずはご気軽に、無料体験からご相談ください。

初めてのぎっくり腰や、今すぐ痛みを緩和してほしいという場合はコンディショニングをご利用ください。

関連する記事

Join Us 無料体験申込