アキレス腱を断裂したNBA選手の復帰率とパフォーマンスへの影響

バスケットボール

今回の記事は、アキレス腱を断裂した選手がバスケ最高峰のNBAに復帰できる確率と、パフォーマンスへの影響を研究した論文を紹介したいと思います。

参考文献は以下の2つです。

Khalil LS, et al. (2020) “Effect of Achilles Tendon Rupture on Player Performance and Longevity in National Basketball Association Players”

PubMed Central (PMC)

Chauhan A, et al. (2021) “Return to Play, Performance, and Value of National Basketball Association Players Following Achilles Tendon Rupture”

結論を先に紹介させていただくと、2つの論文が発表している結果は以下のとおりです。

① 80%の選手がアキレス腱断裂後もNBAに復帰した
② 復帰したらパフォーマンスは低下するが、3年後には差がなくなる
③ 復帰直後もディフェンス能力に限っては低下が見られない

 

アキレス腱断裂後の復帰率

まずはアキレス腱が断裂してしまってからどれだけの選手が元の競技レベルに復帰できるのか?についてです。

1つ目の論文では1970年から2019年の間にアキレス腱の断裂をしたNBA選手47人を調査対象に選びました。この中でNBAの舞台に復帰できたのは34人でした。(72.3%)

この選手達が復帰までにかかった平均日数は約11ヶ月で、85.2%の選手がアキレス腱を断裂した次のシーズンには復帰できようです。アキレス腱を断裂するとスポーツに復帰するためには必ずと言っていいほど手術をしなくてはいけません。アキレス腱は走ったり飛んだりする際に非常に強い負荷がかかる部位です。もう一度スポーツをするためには、お医者さんにしっかり縫合してもらい、リハビリで強靭なアキレス腱を作り直すことが不可欠になります。

少し残念な話ですが、NBAの舞台に復帰できたとしても他の選手に比べるとシーズンで出場できる試合数は減り、引退までの期間も短くなってしまうようです。これはアキレス腱というスポーツをする上で負担のかかりやすい部位を怪我してしまった代償と言えるかもしれません。

2つ目の論文では1996年から2017年の間でアキレス腱を断裂した選手を対象にしています。被験者となったのは25名の選手で、NBAに復帰できたのは20人という結果でした。(80%)

前の論文と比較すると、調査対象の選手が1996年以降というより最近のデータを使っていることがわかります。そのため被験者の数が少なくなっていますが、より近代的な医療を受けた選手が多いと考えると、復帰率が上昇している理由は医療の進歩が影響しているのかもしれません。こちらの研究では95%の選手が怪我した次のシーズンには復帰していると報告があるので、医療とともにリハビリやトレーニングの発展も早期復帰に役立っているのかと思います。

こちらの論文でもアキレス腱断裂から復帰した後は、キャリアが短くなってしまうことも述べられています。

復帰直後のパフォーマンス低下

アキレス腱断裂から復帰した際のパフォーマンスの低下は両方の論文で報告されています。

NBAでは各選手のスタッツと呼ばれる個人成績が膨大なデータで保存されています。例えば、レブロン・ジェームズが2020年に何本3ポイントシュートを決めて、何回リバウンドを取ったか、など全ての数値を調べることができます。

このデータを使って、アキレス腱を断裂する前の年と後の年、断裂する3年前と3年後、断裂した選手と断裂しなかった似ている選手、などを比較することで、アキレス腱の断裂がそれぞれの選手のパフォーマンスにどれだけ影響を与えたのか調査されています。

選手のパフォーマンスとして使われた指標は以下のとおりです。

  • 1シーズンの出場試合数
  • スタート(先発)として出場した試合数
  • 各試合の出場時間
  • PER(Performance Efficiency Rating)
  • VORP(Value Over Replacement Player)
  • BPM(Box-Plus-Minus)
  • WS(Win Shares)
  • オフェンス評価
  • ディフェンス評価

出場試合数や出場時間などはわかりやすい指標ですが、4種類の英語で書かれている指標は非常に難しいです。そえぞれを説明は割愛させていただきますが、簡単に紹介すると、その選手がどれだけ活躍したか、どれだけ勝利に貢献したか、という評価を専用の計算式を使って数値化しているそうです。

最後のオフェンス評価とディフェンス評価については、それぞれ100回の攻撃機会、守備機会に対してどれだけ点数を取れたか、または相手の得点を防げたか、という指標になります。

これらの指標をアキレス腱断裂を受傷する前後のシーズンで比較すると、両方の研究でほぼ全ての項目で低下が見られました。

例えば1つ目の論文によると、怪我をする1年前のシーズンと復帰して1年後のシーズンを比較したとき、

  • 出場試合数: 63試合 ➡︎ 43試合
  • スタートでの出場試合数: 49試合 ➡︎ 21試合
  • 1試合平均出場時間: 30分 ➡︎ 22分
  • PER(パフォーマンス指数): 16.91ポイント ➡︎ 13.01ポイント 

上記のようなパフォーマンスの低下が報告されました。

アキレス腱断裂のような手術を伴う大きな怪我をした後は、どうしてもプレーへの影響が避けられません。これは身体そのものが怪我前の状態まで完全に治ることが難しいことに加え、再び怪我をすることやアキレス腱を無意識に庇ってしまうなど精神的な影響も強く受けるためです。

しかし、この1つ目の論文の報告内容で興味深い数字が見られました。それは、アキレス腱断裂後3シーズン目の選手と怪我をしなかった選手の3年後のPERにほとんど差異がなかったことです。

これはどういうことかと言うと、怪我をしなかった選手も年が経つにつれてパフォーマンスの低下が見られます。この「怪我をしなかった選手の3年後のパフォーマンス」と「アキレス腱断裂から復帰して3年後のパフォーマンス」に違いが見られなかったようです。(13.1ポイントvs12.9ポイント)

この数字を参考にすると、アキレス腱を断裂してしまうと復帰直後のパフォーマンスは低下してしまうが、3年後には怪我をしていない他選手とパフォーマンスの差異はほとんどなくなる、と言えます。アキレス腱断裂という大怪我をしてしまっても、諦めずにプレーし続けることで周りに追いつくことができるという素晴らしい研究結果でした。

 

バスケットボールの試合をする選手達

復帰直後のディフェンス能力

復帰直後の出場時間減少やパフォーマンス低下は先にお伝えしたとおりですが、2つ目の論文からはディフェンスのパフォーマンスに限っては復帰直後でも低下が見られないという結果が報告されています。

これはディフェンス評価(Defensive Rating)という指標を参考にしているのですが、この指標は「選手が100ポゼッションごとに相手選手に決められたであろう得点」と定義されています。自分のディフェンスで相手の得点をどれだけ抑えることができたのか、という指標になっています。

この指標がアキレス腱断裂前と復帰直後のシーズンでほとんど変わらなかったようです。

  • オフェンス評価: 104.0 ➡︎ 99.5
  • ディフェンス評価: 105.6 ➡︎ 107.3

オフェンス評価は統計学的に見ても顕著な低下が見られました。(P Value 0.001)
しかし、ディフェンス指標を見てみると、数字だけで見ると少し上昇しています。ただこの上昇率は統計学的には認められないので、上りも下がりもしなかったと評価されます。(P Value 0.72)

この結果から読み取れることは、アキレス腱断裂後のシーズンでもディフェンス能力に関してはほとんど影響を受けない可能性があるということです。バスケットボールにおいてオフェンスの方が激しく速い動きを必要とされるので、どうしても影響を受けやすいのかもしれません。ディフェンスだけでもパフォーマンスが低下しないということは、それだけチームに貢献できるということなので、復帰直後の選手にとっては心の支えになる情報だと思います。

アキレス腱断裂に関する論文の考察

上記の結果が今回紹介したアキレス腱断裂に関する2種類の論文が出した研究結果になりますが、報告された内容を素直に受け入れるだけではなく、この情報をもとにアキレス腱断裂からよりスムーズに練習や試合に復帰できるように考えることが重要です。

そして論文自体も完璧な信憑性があるわけではなく、以下のような疑問も残ります。

  • 2つともRetrospective cohort studyという形式の研究で、エビデンスのレベルは高くない
  • 滅多に起こる怪我ではないので被験者数が少ない
  • PERはオフェンス重視の指標でディフェンス能力の評価が不十分
  • 復帰直後の出場時間は再発予防のため時間制限があった可能性がある

論文の報告を精査した上で、自分に有益な情報を集めることが大切です。エビデンスとしては高くない論文になりますが、興味深い結果が出たことも事実なので、この情報がアキレス腱断裂の治療に少しでも役立てば幸いです。

アキレス腱断裂以外で、アキレス腱炎などの情報はこちらにありますのでご参考ください。

関連記事

アキレス腱はかかとに付いている人間で一番大きな腱です。アキレス腱の怪我は若い子供からプロのスポーツ選手まで、幅広い年代、様々なスポーツで頻繁に見られます。一度怪我してしまうと、なかなか完治でき[…]

アキレス腱のイメージ写真

NBA選手における前十字靭帯断裂後の復帰率とパフォーマンスへの影響について、以下の記事で解説しています。

関連記事

今回紹介する論文は、2021年2月に発表されたばかりの新しい論文です。[blogcard url=https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33738307/]2010年から2019年の間に前十[…]

>神戸三宮で身体の痛みを改善

神戸三宮で身体の痛みを改善

身体の痛み、怪我の治療でお困りでしたら、まずはお気軽にご相談ください。海外で学んだ運動療法をもとに、一人一人の身体に合わせた専用プログラムで改善へと導きます。痛みに悩まされず、健康な身体で人生を今まで以上に楽しんでください。

CTR IMG