CATEGORY

足首の捻挫

サッカーをしていて足首を捻挫した少年
神戸三宮のライフロングでは、国内外で活躍するスポーツトレーナーがエビデンスに基づいた施術を提供します。

プロスポーツ選手が受けている最先端の治療で、足首の捻挫を1日でも早く治しましょう。

 
この記事は海外サッカー、B.LEAGUE、2020東京オリンピックでも活動した理学療法士のスポーツトレーナーが執筆した信頼できる記事です。

足首の捻挫は、スポーツの怪我で最も起こりやすい怪我です。

捻挫は怪我の中でも軽視されやすく、「捻挫は治療しなくても大丈夫」と考える人も少なくありません。

しかし、捻挫を正しい治療で治さないと、足首が不安定になってしまい、後遺症が残ってしまいます。

一度グラグラになった足首は手術でもしない限り、再び安定することはありません。

だからこそ、捻挫をした直後に正しい治療とリハビリを受けることが大切です。

ライフロングでは、国内外で15年以上スポーツ選手を治療してきたトレーナーによる治療とリハビリが受けられます

足首の捻挫は怪我の中でも急性障害に含まれます。急性障害とは、肩こりや腰痛など、徐々に痛くなる慢性障害とは違い、身体の一部を突然痛める怪我です。

突然の怪我

  • 足首の捻挫
  • 肉離れ
  • ぎっくり腰など
 
少しずつ悪化する怪我

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 腱鞘炎など

捻挫のような急性障害では、怪我した瞬間に強い痛みが出て損傷した部位が大きく腫れることが多いです。

特に怪我した直後の72時間が一番腫れる期間と言われていて、この間に正しい応急処置と治療、リハビリを行うことが、怪我の治り方、治る早さに大きく影響します。

捻挫をしてから72時間 (3日) の応急処置・治療が、治りの早さと後遺症に影響する

病院や治療院によっては、捻挫をしたら湿布を貼って痛みが引くまで安静、という判断をされることも多いですが、これは20年以上前の治療法です。

最新医学で最も効果的と言われる治療法は、できるだけ早く痛みのない範囲で足首を動かすことです。

無理のない負荷で捻挫した足首を動かすことで、痛めた部位を修復するための細胞や栄養がより多く運ばれ、捻挫を早く正確に治すことができます。

足首の捻挫とは?

足首の捻挫とは、スポーツでよく見られる足首の怪我です。多くの場合足首にある靭帯のどれかが損傷します。

足首の内反と外反運動を説明したイラスト

ほとんどの捻挫は外反捻挫と呼ばれる捻挫で、足首を外側に捻って痛める捻挫です。

足首の捻挫には他にも、内側にひねる内反捻挫や、足首上部を捻る脛腓靭帯捻挫などがあります。

軽度の捻挫では、怪我した直後でも歩くことができますが、重度の捻挫では体重をかけることができないほど強い痛みを感じます。

痛み以外の症状には、熱感、腫れ、関節の不安定性などが見られます。

足首の捻挫に関する詳しい情報をお探しの方は以下の記事が役に立つと思います。

関連記事

足首をグキッと捻る足関節捻挫はスポーツで最も多く起こる怪我です。よく起こるからこそ、捻挫の治療は軽視されがちです。2、3日すれば治る、足を捻ったぐらいなら練習を休まなくて大丈夫などと言われ[…]

サッカーをしていて足首を捻挫した少年

足首捻挫の原因は?

足首の捻挫で一番多い原因は、スポーツ中に自分で足を捻ってしまうことです。

競技中に他の選手と接触して捻挫をすることもありますが、多くは自分の動作が原因で足首を捻挫してしまいます。

特に捻挫をしやすい動きとしては、切り返し、ジャンプの着地などがあります。

足首捻挫の治療方法は?

足首捻挫の治療で最も大切なことは、できる限り早く足首を動かして体重をかけることです。

一昔前では、捻挫の痛みが引いてから徐々に動かし始める、という治療法が一般的でしたが、現代医療では痛くない範囲で少しでも足首を動かすことが重要視されています。

痛みのない負荷で足関節を動かすことで、痛めた靭帯や筋肉を悪化させることなく、足首に損傷した軟部組織を修復するための細胞と栄養を届けることができます。

さらに、足首を動かすことで筋肉の収縮が起こり、腫れが血流に乗って体内へと吸収されるので、腫れた足首も早く元の大きさに戻ります。

湿布や安静にしているだけでは、痛めた靭帯は修復しないので、気をつけてください。

ライフロングの足首捻挫に対する治療方針

神戸三宮のライフロングで行っている足首捻挫の治療は、足首の状態や競技特性に合わせて、一人一人治療方法を変えています。

それぞれの身体の状態を細かくチェックし、足首の応急処置から捻挫の原因を調査、治療、再発予防までを一貫して行います。

  • 関節の可動域
  • 筋力バランス
  • 左右差
  • 動作のフォーム

患者の問診を行う理学療法士まずは捻挫した足首と身体の状態を確認します。捻挫の原因となった動きを分析し、どの靭帯が損傷しているかを確認します。

必要に応じてテーピング固定など、適切な応急処置を施します。

  • 腫れのコントロール
  • 関節の動きを改善
  • 損傷した靭帯の修復促進

男性患者の膝痛を確認するトレーナー足首捻挫の施術で重要なのは、悪化させないように関節を動かし、負荷をかけることです。

腫れは大きすぎても小さすぎても靭帯の修復を妨げてしまうので、適切な大きさの腫れを維持できるように調節する必要があります。

  • 運動療法で正しい身体の動かし方を覚える
  • 悪化しないよう徐々に運動強度を上げる
  • 競技に合わせたリハビリメニュー

サッカー選手のリハビリ指導する理学療法士足首の状態が回復してきたら、段階的に強度を上げながらリハビリをします。リハビリをせずに復帰すると、捻挫の再発率が大きく上がります。

競技特性に合わせた動きでリハビリを行い、パフォーマンスを落とすことなく競技に復帰しましょう。

  • 自宅で行える予防プログラムの紹介

男性のスクワットを動作解析するトレーナー痛みを一時的に軽減して終わりではなく、予防に取り組み怪我の再発を防ぐことが大切です。

自宅でできるエクササイズを継続することで、足首捻挫の再発を予防することができます。

足首捻挫治療のポイント

足首捻挫を治すために大切なポイントをまとめます。

  • 捻挫をしたら、安静にせず無理のない範囲で動かす
  • 競技復帰する前に必ず、段階的なリハビリを行う
  • 症状が改善した後も、予防することが大切

神戸三宮のライフロングで足首の捻挫を治療しませんか?

神戸三宮のライフロングでは、国内外で活躍するプロのスポーツトレーナーから捻挫の治療を受けることができます。

  実績のあるスポーツトレーナーに治療して欲しい
  捻挫を最新の治療法で治したい
  1日でも早く痛みをなくしたい
  時間をかけて丁寧に治療して欲しい
  再発予防の方法も教えてほしい

このような希望をお持ちの方は、ぜひライフロングへご相談ください。

ヨーロッパの大学・大学院で理学療法を学んだスポーツトレーナーが、最新医学の知識を活かした治療で、一人一人の身体の痛みに対して真摯に対応させていただきます。

トレーナー紹介

国内外でスポーツ選手を治療、経歴15年の実績あるトレーナー

ライフロングの理学療法士である中尾優作

中尾 優作

英国保健機構公認理学療法士
ベルギー国公認理学療法士

イギリス&ベルギーで理学療法を学ぶ
ヨーロッパでサッカークラブのトレーナー
帰国後はバスケ B.LEAGUEのトレーナー
2021年に地元神戸でライフロングを設立

 

  学歴

2010中京大学体育科学部
2013イーストロンドン大学理学療法科
2016ルーベン大学院理学療法修士課程

主な経歴

2011-12ブレントフォードFC
(イングランドサッカー3部)
2013-15ワースランドベベレンFC
(ベルギーサッカー1部)
2016三遠ネオフェニックス (B.LEAGUE)
2017滋賀レイクスターズ (B.LEAGUE)
2018-19サンロッカーズ渋谷 (B.LEAGUE)

New
2020東京オリンピック
メディカルスタッフ

 
 
海外で学んだ最先端の治療で、1日でも早く痛みのない身体に戻します!

コンディショニング料金

前十字靭帯のリハビリを受ける陸上選手

1回/ 5,500円(税込)

治療時間: 約60分 (施術+リハビリ)

初回のみ90%割引: 550(税込)

スポーツの怪我、急な身体の痛みでお悩みの方は、是非ご相談ください。
初回のみ90%割引の550円(税込)でご利用いただけます。

捻挫の痛みが1ヶ月以上続いている方は、“運動療法”がより効果的な治療法となります。

電話で問い合わせ

080-9746-8156

ホームページから問い合わせ

>> 問い合わせページへ

LINEで問い合わせ
LINEで連絡

プロスポーツトレーナー、理学療法士の経験と知識をフル活用し、1日でも早く、身体の痛みを改善いたします。

アクセス

Lifelong(ライフロング)

〒651-0088
兵庫県神戸市中央区小野柄通5-1-12
樫野ビル201号室

JR三ノ宮駅徒歩3分
神戸三宮駅(阪神)徒歩3分
三宮駅(ポートライナー)徒歩3分


営業時間
月〜金 10:00-20:00 (19:00予約受付終了)
土     9:00-13:00 (12:00予約受付終了)
​※ 初回完全予約制

定休日
​日・祝日

  • 2021年12月20日
  • 2021年12月22日

NBAの過去11年間における怪我の発生率と傾向【バスケ選手】

今回紹介する論文は2021年に発表された、アメリカのバスケ、NBAで過去11年間に発生した怪我と病気の発生率と傾向を調べた研究です。 この11年間に起こった怪我と病気は合計で5275例。この怪我の部位、重症度、受傷日など詳細なデータを集めて分析した論文です。 非常に膨大な情報が一つの論文にまとめられているので、チームスポーツにおける傷害予防や選手のコンディション管理に役立つ内容となっています。 最初に結論をお伝えしますが、論文ではこのような分析結果が報告されました。  最も多い怪我は足首、次に膝  重症度の高い怪我が多いのは膝  ポジションによる怪我の差はない  シーズン後半に向けて怪我が多く […]

  • 2021年10月7日
  • 2021年12月4日

足関節前方インピンジメント症候群における骨棘切除術の有効性

今回紹介する文献は2018年に発表された、足首のインピンジメント症候群に関する論文です。 この論文は足関節前方インピンジメント症候群に対する骨棘切除術が機能的、構造的にどのような効果をもたらすか?を調査しています。 結論は以下のとおりです。 足関節機能の向上 ➡︎ 3種類のテスト全て向上 足関節背屈可動域の改善 ➡︎ 約2倍に(13° → 25.9°) 骨棘の再形成なし 足関節前方インピンジメント症候群に対する手術療法は高い効果を見込め、後遺症などの心配も少ないようです。 インピンジメント症候群による足関節の痛みを取り除き、機能を回復させる手段として、選択肢に入れて […]

  • 2021年7月12日
  • 2021年12月4日

足首の捻挫から競技復帰するための評価項目

今回紹介する論文は”Return to sport decisions after an acute lateral ankle sprain injury: introducing the PAASS framework—an international multidisciplinary consensus”です。 足首の捻挫に関する論文は数多く発表されていますが、”捻挫から競技復帰する際の評価基準”に焦点を当てた論文は見かけたことがありません。 FIFAのメディカル部門がこの論文を紹介していたので読んでみましたが、非常に興味深かったです。 世界中の有識者119名へ […]

  • 2021年6月26日
  • 2021年12月4日

湿布は逆効果!?最新医学に基づく捻挫の応急処置

スポーツに限らず、日常生活でも足首の捻挫はよく起こる怪我です。 足を捻ったときは病院で診察してもらって湿布をもらう、これが当たり前になっている人も多いかと思います。 しかし、最新医学に基づいた応急処置では、捻挫に湿布は逆効果とされています。 痛めた足首を治すどころか、回復を邪魔するとさえ言われています。 この記事では湿布の効果と、湿布がどのように怪我の回復に影響するかを説明しています。 この記事は海外サッカー、B.LEAGUE、2020東京オリンピックでも活動する理学療法士のスポーツトレーナーが執筆した信頼できる記事です。 捻挫に対する湿布の効果 まずは湿布の効果を簡単に説明します。 湿布は医 […]

  • 2021年6月26日
  • 2021年12月4日

“歩けるけど痛い捻挫”って大丈夫なの?

足首の捻挫はスポーツで1番多く見られる怪我です。そのせいか、すぐに治るだろうと考えられてしまい、怪我の重症度も軽く見られがちです。よく相談されるのが、「足首を捻った。歩けるけど痛い、大丈夫か?」という内容です。結論から言うと、かなりひどい骨折でもしない限り、捻挫をしても歩けます。 “痛いけど歩ける”という状態は、軽い怪我ということではありません。この記事を読んで、足首を捻ったときに病院に行くべきかどうか、参考にしていただければと思います。 この記事は海外サッカー、B.LEAGUE、2020東京オリンピックでも活動する理学療法士のスポーツトレーナーが執筆した信頼できる記事です。 捻挫して歩けるの […]

  • 2021年4月13日
  • 2021年12月4日

足首の捻挫とは?原因から治療法まで徹底解説!

足首をグキッと捻る足関節捻挫はスポーツで最も多く起こる怪我です。 よく起こるからこそ、捻挫の治療は軽視されがちです。 2、3日すれば治る、足を捻ったぐらいなら練習を休まなくて大丈夫などと言われたことはありませんか? 正しい治療を受けてしっかり治さないとクセになってしまい、何度も捻挫を繰り返してしまうので、正しい応急処置と再発予防も兼ねたリハビリがとても重要です。   この記事は海外サッカー、B.LEAGUE、2020東京オリンピックでも活動する理学療法士のスポーツトレーナーが執筆した信頼できる記事です。 捻挫で靭帯が伸びる? スポーツに限らず、街中を歩いているときに躓いた拍子に足首を捻ってしま […]

>神戸三宮で身体の痛みを改善

神戸三宮で身体の痛みを改善

身体の痛み、怪我の治療でお困りでしたら、まずはお気軽にご相談ください。海外で学んだ運動療法をもとに、一人一人の身体に合わせた専用プログラムで改善へと導きます。痛みに悩まされず、健康な身体で人生を今まで以上に楽しんでください。

CTR IMG