いつまでも健康な身体でいるために

理学療法士の腰痛治療を受ける高齢女性

運動をしなければ身体は自然と衰えていく

人間に限らず、動物の身体は環境に適応するようにできています。

キリンは高所にある葉っぱを食べるために首が長くなり、霊長類は両手を自由に使うため二足歩行になりました。

現代の人類にも、環境への適応能力は備わっています。

筋肉を鍛えれば筋力が増えて少しづつ重いものが持てるようになり、反復練習をすることでスポーツは上達していきます。

この適応能力は何歳まで働くのでしょうか?

答えは一生です。

 

例えば毎日3km歩く習慣のある人は、3km歩くことが大変だとは思わないでしょう。

1km歩くことは楽だと感じ、5km歩くことは少し大変だと感じるかもしれません。

これはその人に1日3km歩くという能力が備わっているからです。

日頃から出歩かない人には、3kmどころか1km歩くこともキツいと感じるはずです。

ジョギングを楽しむ健康的な高齢男性
普段の運動習慣が健康への鍵

そしてこの能力に年齢は関係ありません。

20歳でも普段運動していなければ少し走るだけで息切れし、80歳でも毎日100段の階段を登っていれば100段であれば難なく登れます。

大事なのはその人に運動する習慣があるかどうかです。

いつまでも健康な身体で元気に過ごしたいと思ったら、今の生活習慣に少しでも運動を加えてください。

何もしなければ加齢によって身体は衰えてしまうので、今できることも1年後にはできなくなってしまうかもしれません。​

加齢に対抗するには、「今できること」より少し難しいことができる状態を保つことです。

大きくジャンプするアスリート
今出来ることもやらなければいずれ出来なくなる

最後に100m走ったのはいつでしょう。

最近ジャンプはしましたか?

バランス感覚は2年前と変わらないでしょうか?

気づいたときには昔できていたことができなくなっているものです。

低下した能力を向上させることは、能力を維持することの何倍もの時間と労力が必要です。

できなくなる前に防がなければいけません。​

1年後も今の健康状態を保つために、今から少しだけ頑張りましょう。

>神戸三宮で身体の痛みを改善

神戸三宮で身体の痛みを改善

身体の痛み、怪我の治療でお困りでしたら、まずはお気軽にご相談ください。海外で学んだ運動療法をもとに、一人一人の身体に合わせた専用プログラムで改善へと導きます。痛みに悩まされず、健康な身体で人生を今まで以上に楽しんでください。

CTR IMG