MONTH

2021年6月

  • 2021年6月30日
  • 2021年7月1日

ハムストリングス肉離れの効果的なリハビリ

今回はこちらの論文からハムストリングス肉離れのリハビリについて書いていきます。 Jack T. Hickey, et al.(2021) Current clinical concepts: hamstring strain injury rehabilitation. この論文はハムストリングスのリハビリで使われている治療法から、専門家の推奨する治療法を紹介しています。 Narrative reviewという種類の論文なので、著者のバイアス(先入観)が入っていることを考慮して読んでください。 それを踏まえた上でも、ハムストリングス肉離れのリハビリに関する全体像と最新の考察を学ぶことができる、 […]

  • 2021年6月26日
  • 2021年6月27日

捻挫に湿布は逆効果!?最新医学に基づく足首捻挫の応急処置

スポーツに限らず、日常生活でも足首の捻挫はよく起こる怪我です。 捻挫をしたら病院で診察してもらって湿布をもらう、これが当たり前になっている人も多いかと思います。 しかし、最新医学に基づいた捻挫の応急処置では、捻挫に湿布は逆効果とされています。 捻挫を治すどころか、回復を邪魔するとさえ言われています。 この記事では湿布の効果と、湿布がどのように捻挫の回復に影響するかを説明しています。 この記事は海外サッカー、B.LEAGUE、2020東京オリンピックでも活動する理学療法士のスポーツトレーナーが執筆した信頼できる記事です。 捻挫に対する湿布の効果 まずは湿布の効果を簡単に説明します。 湿布は医薬品 […]

  • 2021年6月26日
  • 2021年6月26日

“歩けるけど痛い捻挫”って大丈夫なの?

足首の捻挫はスポーツで1番多く見られる怪我です。そのせいか、足首の捻挫は軽く見られがちです。よく相談されるのが、「足首を捻挫した。歩けるけど痛い、大丈夫か?」という内容です。結論から言うと、かなりひどい骨折でもしない限り、捻挫をしても歩けます。 “痛いけど歩ける”という状態は、軽い怪我ということではありません。 この記事を読んで捻挫をした後に病院に行くべきかどうか、参考にしていただければと思います。 この記事は海外サッカー、B.LEAGUE、2020東京オリンピックでも活動する理学療法士のスポーツトレーナーが執筆した信頼できる記事です。 捻挫して歩けるのはいいこと? まず捻挫をした直後に歩ける […]

  • 2021年6月24日
  • 2021年6月25日

肩こりと頭痛の関係性

多くの方が悩まされている頭痛。 最近は特に、デスクワーク中心のお仕事をされている方の相談が増えています。 そんな患者さんに見られる特徴は重度の肩こりです。 肩こりが頭痛を引き起こす大きな要因であることはご存知でしょうか? この記事では、肩こりと頭痛の関係と効果的な治し方を紹介しています。 記事を書くにあたり、3本の論文を参考文献にさせていただきました。 Victoria Espí-López G, Arnal-Gómez A, et al. (2014) Effectiveness of Physical Therapy in Patients with Tension-type Headac […]

  • 2021年6月24日
  • 2021年7月9日

肩こり改善に効果的なストレッチ

肩こりを自分で改善しようと思ったときに、多くの人が最初に試してみるのはストレッチです。 「肩こり ストレッチ」といったワードでインターネットやYoutubeで検索されると思いますが、そもそもなぜストレッチで肩こりが改善するのでしょう? この記事では肩こりの人がストレッチをする目的と、肩こり改善のために今日から始められるおすすめストレッチを紹介しています。 この記事は海外サッカー、B.LEAGUE、2020東京オリンピックでも活動する理学療法士のスポーツトレーナーが執筆した信頼できる記事です。 ストレッチで肩こりが改善する理由 まず最初に、ストレッチの効果を簡潔に紹介させてもらいます。 ストレッ […]

  • 2021年6月9日
  • 2021年6月24日

肩こりに効果的な筋トレ

肩こりを改善する上で、筋トレは必須と言えるほど重要です。 なぜなら、肩こりになる1番の原因は姿勢ですが、姿勢を改善するためには筋トレをしなければいけないからです。 姿勢不全は長年の生活習慣が蓄積されることで起こります。 例えば、デスクワーク中心の人は猫背になりやすく、スマホを多用する人は首が前に出やすいです。 このような姿勢問題を改善するためには、身体を正しい姿勢で維持するための筋力が必要となります。 生活に少しでも筋トレを取り入れ、肩こりの悩みを解消しましょう。 肩こり改善目的の筋トレ 筋トレとは筋力トレーニングのことで、身体の筋肉を鍛えることです。 筋トレと言うと、ボディビルダーを想像して […]

  • 2021年6月8日
  • 2021年7月3日

練習”前後”にノルディックハムストリングで肉離れを予防

今回紹介する論文は、ハムストリングスの怪我予防に関する論文です。 ハムストリングスの怪我で最も多いのは肉離れです。 ハムストリングスの肉離れはサッカーやバスケ、陸上競技など、速いスピードで走る、急に止まる、という動作が多いスポーツで頻繁に起こる怪我です。 肉離れに関して詳しく知りたい方は、こちらの記事をお読みください。 その予防方法に関して興味深い結果が報告されたので、ぜひ有効活用していただければと思います。 参考文献は以下の論文です。 Elerian AE, El-Sayyad MM, Dorgham HAA. (2019)”Effect of Pre-training and […]

  • 2021年6月7日
  • 2021年7月15日

インピンジメント症候群|神戸三宮の運動療法施設【ライフロング】

  インピンジメント症候群は肩のスポーツ障害です。 オーバーヘッド動作と呼ばれる、腕を肩や頭より上に上げる動作を繰り返すことで起こる怪我です。 野球、バスケットボール、バレーボールの選手によく見られるインピンジメント症候群の原因から治療法まで紹介していきます。 インピンジメント症候群とは? インピンジメント(Impingement)という単語は”挟まる“という意味があります。 その名のとおり、肩の関節内で筋肉が挟まり、痛みを引き起こす怪我をインピンジメント症候群と言います。 (Full Function) イラストの右側がインピンジメント症候群を表しています。 肩関節は […]

  • 2021年6月3日
  • 2021年7月3日

オフシーズンの練習量、BMIとシーズン中に怪我をするリスクの関係性

今回紹介する論文はオフシーズン中の練習量とBMIがシーズン中に怪我をしてしまうリスクに与える関係性について研究されたものです。 Brumitt J, et al.(2020)”Off-Season Training Habits and BMI, Not Preseason Jump Measures, Are Associated with Time-Loss Injury in Female Collegiate Soccer Players” 大学の女子サッカー選手を対象とした研究で、論文の結論は以下の通りです。 BMIが高い選手: 2倍 オフ中の練習量が少ない選 […]

  • 2021年6月2日
  • 2021年7月17日

前十字靭帯損傷|神戸三宮の運動療法施設【ライフロング】

膝の靭帯である前十字靭帯の損傷はスポーツで起こる怪我の中で最も深刻な怪我とも言えます。 前十字靭帯を正しく治療し、再びスポーツに復帰するためには正しいだけでなく、最新の情報を知ることが大切です。 この記事では前十字靭帯を損傷してしまう原因、正しい治療とリハビリ、そして再発予防について最新医学に基づいた情報をお届けします。 前十字靭帯とは? そもそも前十字靭帯とはどのような靭帯で何の役割があるのでしょうか? 膝の構造 前十字靭帯が膝の靭帯ということはご存知だと思いますが、膝には全部で4つの大きな靭帯があります。 前十字靭帯(ACL) 後十字靭帯(PCL) 内側側副靭帯(MCL) 外側側副靭帯(L […]

>神戸三宮で身体の痛みを改善

神戸三宮で身体の痛みを改善

身体の痛み、怪我の治療でお困りでしたら、まずはお気軽にご相談ください。海外で学んだ運動療法をもとに、一人一人の身体に合わせた専用プログラムで改善へと導きます。痛みに悩まされず、健康な身体で人生を今まで以上に楽しんでください。

CTR IMG